長谷部フル出場でドロー、内田は先制OG誘う

[ 2013年11月24日 01:33 ]

フランクフルト戦の前半、攻め込むシャルケの内田(左)

 サッカーのドイツ1部リーグは23日、各地で行われ、長谷部誠と清武弘嗣のニュルンベルクはホームでボルフスブルクと1―1で引き分け、開幕から13試合勝ちなしとなった。長谷部はフル出場し、清武は後半19分に退いた。

 内田篤人のシャルケは敵地で乾貴士のフランクフルトと3―3で引き分けた。内田は右サイドバックでフル出場し、クロスが先制のオウンゴールを誘った。乾は出場機会がなかった。

 細貝萌のヘルタはホームでレバークーゼンに0―1で敗れた。細貝は守備的MFでフル出場した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース