神戸・吉田が有終ゴール 熊本・北嶋はフル出場も…

[ 2013年11月24日 18:41 ]

J2最終節 神戸3―0熊本

(11月24日 ノエスタ)
 今季限りで引退する2人のストライカーが熱い視線を浴びた。

 神戸の吉田は途中出場から後半ロスタイムに有終のゴール。横浜フリューゲルス時代の1999年元日の天皇杯決勝で決勝点を奪ったFWは「最後に決められて良かった」と目尻を下げた。

 元日本代表の熊本の北嶋はフル出場したが、無得点に終わり「ゴールをなんとしても取りたかったが、残念」と悔しそうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース