広島 3戦ぶり零敗…寿人Vへ懇願「何かが起こるのを願うしか」

[ 2013年11月24日 05:30 ]

C大阪に敗れ、肩を落とし引き揚げる佐藤(11)ら広島イレブン

J1第32節 広島0―1C大阪

(11月23日 金鳥スタ)
 連覇が遠のく痛い黒星となった。広島はシュート数でC大阪を1本上回りながら決定機で精度を欠き、3試合ぶりの零敗。終了と同時に次々にピッチに座り込んだ選手の姿が、単なる1敗以上の重みを示していた。

 0―0で迎えた後半5分、相手GKとの1対1を外したFW佐藤は「勝たなければいけなかった試合だし、決め切れなかった責任を感じる。シュートは少し、判断が整理できていなかった」と反省。その2分後に決勝点を許しただけに「流れが大きく相手に行ってしまった」と唇をかんだ。

 残り2戦で首位・横浜と勝ち点差5。優勝するには残り2戦を連勝した上で上位の結果待ちとなる。「マリノスにかかる重圧を、自分たちが少なくしてしまった」と嘆いたエースは「残り2つを勝って、何かが起こるのを願うしかない」と必死に気持ちを切り替えた。

 守護神・西川も「ここまできたら割り切るしかない。追う立場として、どれだけできるかチャレンジしたい」と前を向いた。状況は極めて厳しいが、天命を待つためにも、まずは人事を尽くす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース