イブラ1G1A!パリSG、今季公式戦19戦無敗

[ 2013年11月24日 12:51 ]

<パリSG3―0ランス>1ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導いたFWイブラヒモビッチ

リーグアン第14節

(11月23日)
 フランス・リーグアン第14節の6試合が行われ、首位パリ・サンジェルマンはアウェーでランスを3―0で下した。パリSGはリーグ戦3連勝で、今季公式戦19試合無敗。

 パリSGは前半24分、FWイブラヒモビッチのアシストからMFルーカスが決めて先制。後半15分FWメネスが加点するが、同23分MFベラッティのファールでPKを献上。しかし、MFオニアングのシュートはゴール上に外れて、PK失敗。ランスの攻勢をDFシウバら守備陣が抑えると、後半ロスタイムにイブラヒモビッチがだめ押しとなる3点目を決めて快勝した。

 パリSGは8月3日フランス杯覇者ボルドーとのスーパー杯を2―1で制すると、リーグ戦10勝4分けで14試合無敗。欧州チャンピオンズリーグも1次リーグ3勝1分けの4試合無敗で、既に決勝トーナメント進出を決めている。

 リヨンとバランシエンヌ、モンペリエとギャンガン、レンヌとボルドー、ソショーとバスティアの4試合は全て1―1の引き分けに終わった。ロリアンはアウェーでガイヤールを4―0で下した。

 リーグアン第14節の残り3試合は24日に行われ、2位リールはホームでトゥールーズを迎え、3位モナコはアウェーでナントと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース