昇格からわずか1年…湘南 3度目のJ2降格が決定

[ 2013年11月24日 05:30 ]

FC東京に逆転負けしてJ2降格が決まり、肩を落とす湘南イレブン

J1第32節 湘南1―2FC東京

(11月23日 味スタ)
 3度目のJ2降格が決まった。残留するには勝利が絶対条件だった湘南だが、痛恨の逆転負けを喫した。後半21分にMF高山がこぼれ球を豪快に決めて先制。しかし、2分後に追いつかれ、ロスタイムに勝ち越しを許した。昇格からわずか1年での降格決定にチョウ・キジェ監督は「あと一歩及ばなかった。その一歩の差が大きいものだと感じた」と必死に言葉をつないだ。

 かたくなに理想を求めたことが降格の理由だった。豊富な運動量を武器に両サイドを生かし、昨季J2を沸かせたダイナミックな攻撃的スタイルを追求。しかし、格上に善戦しても勝ち点は奪えなかった。「湘南スタイルを貫けたけど、こういう結果に終わってしまって残念」とMF永木主将。貫いた美学はJ1では通用しなかった。

 ユニホームの胸スポンサー決定が開幕後にずれ込むなど資金が不足。全選手の年俸総額は昨季から5000万円増で、J1最低ラインの3億3000万円にとどまるなど補強でも苦戦した。すでに来季続投要請を受けている指揮官は「降格した責任がある。逃げるつもりはありません」と強調した。チーム再建からJ1復帰への道が始まる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース