堀内健が圧倒された、松本まりかの“沈黙事件”「絶妙な美しい涙、それを見て好きになりました」

[ 2020年10月17日 22:52 ]

女優の松本まりか
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ・ネプチューンの堀内健(50)が17日放送のテレビ朝日「あざとくて何が悪いの?」(土曜後9・55)にVTR出演。バラエティー番組収録中、女優の松本まりか(36)の雰囲気に圧倒されたというエピソードを語った。

 ネプチューンがMCを担当する同局「あいつ今何してる?」(水曜後6・45)の9月9日放送回に松本がゲスト出演。堀内はその収録で「ものすごい衝撃的なシーンがあった。松本まりかちゃんの無言のシーンがあったので」と紹介した。

 松本の恩師が登場した感動的なVTRが流された後に、本人が涙。堀内は「沈黙が1分、もしかしたら2分以上。下手したら、放送事故レベル」の場面と表現し、「普通、沈黙が始まるとうちのリーダーの名倉潤が『どないしたんでっか?』って言うけど、それが入れない。絶妙な美しい涙の沈黙があった」と話した。

 実際のオンエアではその場面はカットされたが、誰も松本に話しかけられない雰囲気になったという。

 この日の「あざとくて―」では、そのシーンをノーカットで放送。中学時代の恩師からの手紙に号泣し、VTR終了後共演者がすぐに「どうでしたか、お手紙?」と尋ねるも、松本は「すいません、何か…」と、か細い声で紡ぐのが精一杯。響くのはスタジオの空調の音のみ。その状態が約2分続いた。

 堀内はこの一件で松本に魅力を感じたといい、「その収録が終わってから、僕はまりかちゃんのことを変わった子で近寄りがたいなって印象があったけど、それを見て好きになりました」と真顔で語った。

 番組レギュラーの田中みな実(33)は「バラエティー番組で空調の音がしたのはじめて」と驚き、南海キャンディーズ・山里亮太(43)は「信じられないくらいスベった時に聞こえる音ですね」とコメントしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月17日のニュース