劇場版「鬼滅の刃」公開 早朝から映画館盛況「胸アツの話 どうしても初日に」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のポスターの写真を撮る人たち
Photo By 共同

 大ヒット漫画が原作のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が16日、コロナ禍の中、公開初日を迎えた。社会現象になるほどの大人気作。定員の50%に制限してきたシネコン最大手のTOHOシネマズでも、16日から3日間は全劇場で全席販売に踏み切った。

 東京・歌舞伎町の同シネマズ新宿は午前6時に開館。全12スクリーンのうち11スクリーンを使い、翌17日未明まで42回のフル回転上映を実施。グッズ売り場にも長い列ができた。23回上映した同シネマズ日比谷で観賞した港区在住の女性会社員(27)は「原作からのファン。胸アツの話なので、どうしても初日に見たかったので予約できてラッキーでした」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月17日のニュース