ずん・飯尾和樹 夫婦円満の秘けつは…「警察犬の訓練って言われます」

[ 2020年10月17日 15:50 ]

お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51)が17日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演し、結婚生活について語る場面があった。

 2012年、43歳の時にバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の企画で、かつて11年交際してフラれた元彼女と再会。飯尾の実家で、両親がいる前でのドッキリ企画だったが、いきなりのプロポーズで見事、結婚にこぎつけた。

 当時を振り返り、「(フラれてから)気持ちの整理がついた頃、結構スッキリしてたんですよね。そのちょうど1年後ぐらいにその番組があって」と飯尾。「それまでに11年付き合ってフラれているんだから、また付き合ってくださいというのもなんだなあと思って。『結婚してください』って言ったら、『はいっ』て言ってくれて…」と打ち明けた。

 長い交際期間や、別れを経験してのゴールイン。結婚生活は8年になる。「あんな思いをして結婚して。今でもね、行ってきます!と言ったら(妻に)『行け』って言われますね。ただいま!と言ったら『上がれ』って。疲れたなあと言ったら『寝ろ』って」と飯尾。「警察犬の訓練ってよく言われます。横でゲラゲラ笑いながら言ってますよ」と、夫婦円満ぶりを笑いながら明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月17日のニュース