相葉雅紀 全力ゲーム「VS魂」でホスト役 フジ「VS嵐」コンセプト変えずにパワーアップ

[ 2020年10月17日 05:00 ]

1月からスタートするフジテレビ「VS嵐」の後番組「VS魂」でレギュラーを務める相葉雅紀
Photo By 提供写真

 今年いっぱいで活動休止を発表している「嵐」のメンバーが5人そろって出演中の冠番組を放送している日本テレビとフジテレビの1月スタートの後継番組が決定した。「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)を放送する日本テレビは櫻井翔(38)、「VS嵐」(木曜後7・00)を放送するフジテレビは相葉雅紀(37)による新たなバラエティー番組が誕生する。

 フジテレビの「VS嵐」が新番組「VS魂」として新たに生まれ変わる。相葉と新レギュラーメンバーたちが毎回ゲストを迎え、体感ゲームで視聴者に笑顔を届ける。コンセプトはそのままにゲームをパワーアップさせ、相葉や出演者の魅力も一層引き出していく。

 「VS嵐」は2008年4月にスタートし、約12年にわたり放送。ボールを蹴って的を狙う「キッキングスナイパー」、ベルトコンベヤーから流れてくるピンをボウリングの球で倒す「ボンバーストライカー」など、実際に挑む出演者も、お茶の間で見ている視聴者も楽しめるゲームを開発してきた。また、国民的アイドルが必死の形相で汗を流したり、うまくいかずに笑いを誘ったり、さまざまな表情を見せることで、ファンの心を捉えてきた。

 国内の人気俳優やスポーツ選手だけでなく、ウィル・スミス(52)、トム・クルーズ(58)、キャメロン・ディアス(48)、クリスティアーノ・ロナウド(35)ら世界的スーパースターが“参戦”したのも大きな特徴だ。

 新たにスタートする「VS魂」でも相葉自身が全力でゲームに挑み、ゲストたちも体感ゲームを楽しんでいく。そのホスト役となる相葉は「嵐にとって大事な番組枠を、僕1人で続けさせていただくことにとてもプレッシャーを感じてはいますが、新番組も、皆さんに楽しんでいただけるように精いっぱい全力で頑張らせていただきます」と意気込んでいる。新レギュラーは1月の初回放送で発表される予定だ。

 ▽「VS嵐」 08年4月に土曜昼の時間帯でスタート。09年10月からゴールデン帯に移動。移動後は通算466回放送し、平均世帯視聴率は11・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。これまでに50以上のゲームを開発してきた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月17日のニュース