遠野なぎこ、菅新首相の言葉に感激「国民のために仕事をしたいっていう言葉が響いた」

[ 2020年9月16日 22:39 ]

女優の遠野なぎこ
Photo By スポニチ

 女優、遠野なぎこ(40)が16日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。この日夜、首相に就任した自民党・菅義偉総裁(71)の言葉に感動したことを明かした。

 番組では冒頭、菅首相が就任後初めての記者会見を開いた模様を生中継した。コメントを求められた遠野は、「おとといの会見が印象的で『国民のために仕事をしたい』っていう言葉が響いて、私はうれしかったんですね、気持ちが」と述べた。

 安倍晋三前首相(65)について、「自分の言葉でお話しする事から避け続けたイメージがある」としつつ、「菅さんって自分の言葉でお話しされているから心にこんなにスイスイ入って来るんだなって感じて」と話した。

 遠野は、菅首相の表情にも注目した。「官房長官の時とお立場が全然違うからそうなんだろうけど、印象が変わりました」と語ったうえで、「あんなにニコニコして肌ツヤがよくてイキイキしているんだなと思いました」。

 遠野の言葉に、元衆院議員の金子恵美氏(42)は、「国民のためって菅さんっぽくて」とコメント。安倍前首相が「美しい国、ニッポンを取り戻す」などの表現をしていたと振り返り、「菅さんって、国民目線っていうのを大事にする原理原則なんだなっていうのをあらわした表現ですね」と説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月16日のニュース