安藤なつ「メガネ外して」夫の実家へ 結婚挨拶も気づかれず「芸人をやっております」

[ 2020年9月16日 14:59 ]

「メイプル超合金」の安藤なつ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」安藤なつ(39)が16日、水曜パートナーを務めるニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に出演し、夫の実家へ初めて行った際のエピソードを語った。

 結婚のあいさつだったため、「メガネを外して、メイクもちゃんとして、ドレスアップして」行ったという。夫の妹が出迎えてくれたが、何やら挙動不審の様子。夫は自分の結婚相手が安藤であることを話しておらず、妹は「見たことのあるシルエット」とだけ感じ取っていたという。

 相手の母も同じような反応だったことに、安藤は「『やっぱり自分、デカイんだ』って自分を責めて。正座もろくにできないんだって」と自己嫌悪に陥ったという。長い沈黙の中、135キロの巨体を折り曲げて正座していたものの、ついに心身ともに我慢の限界に。「こっちも足もしびれて、気持ちもしびれを切らしちゃって、『すみません、芸人をやっております。メイプル超合金の安藤なつです』って」と素性を明かしたという。

 母、妹が「あ、なんだ!」と合点がいった様子で答えると、ようやく緊張が解けた安藤は「その『なんだ!』のタイミングで速攻、足を崩した」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月16日のニュース