千葉雄大がミュージカルに初挑戦 来年1月上演「ポーの一族」 「何かを伝えるという本質はTVと同じ」

[ 2020年9月16日 05:31 ]

「ポーの一族」でミュージカルに初挑戦する千葉雄大
Photo By 提供写真

 俳優の千葉雄大(31)がミュージカルに初挑戦する。女優の明日海りお(35)が主演する「ポーの一族」(来年1月=大阪・梅田芸術劇場、同2月=東京国際フォーラム)で「以前から挑戦してみたかった歌やダンスなど、早速今から本番に向けて準備をしています」と張り切っている。

 原作は、漫画家の萩尾望都さんが1972年に発表した同名少女漫画。不老不死のバンパネラ(吸血鬼)となったエドガー(明日海)が、少年のまま、永遠の旅を続ける物語。千葉はエドガーのパートナーとなる少年のアランを演じる。

 初ミュージカルに「人に何かを伝えるという本質的な部分は映像やテレビドラマなどほかのジャンルでも同じこと。垣根なく精いっぱい、表現をして、いい作用を作品にも自分としても出していければ」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月16日のニュース