オードリー若林、台本打ち合わせ中の相方・春日の態度に不満「外出ますもん。笑ってないの腹立つから」

[ 2020年8月12日 17:45 ]

お笑いコンビ、オードリーの若林正恭
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭(41)が、11日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・30)に出演。漫才原稿を見た相方の春日俊彰(41)の素っ気ない態度にクレームを入れる場面があった。

 番組ではお笑いトリオ「東京03」のネタ作りの方法が話題になる。その現場を目撃したお笑いタレントのバカリズム(44)は「まず、雑談から飯塚(悟志)さんが紙に設定みたいなのを書くんですよ。自分のセリフとか入り口を書いて。そしてニヤニヤしながら角田(晃広)さんに渡すんですよ。角田さんはそれを読んで『ふっ』とか笑って、それの返事を書くんですよ、文通みたいに」と仲良く作業している姿に憧れたという。

 これを聞いた若林は「それは理想ですよね、作り方として」と羨望のまなざしを向けると、自身が100%書いているという台本の打ち合わせ中での春日の態度にクレームを入れる。「俺のネタを初めて渡して、春日が読んだ時に笑ったこと一回もないんですよ」といい「だから、同じ部屋でパソコンで送るんですけど、外出ますもん。笑ってないのが腹立つから。見たくないんです。(春日は)スマホで真顔のまま『わかりやした』で終わるんですよ」と怒りはおさまらない。

 「本当にキレちゃうんですよね、その『わかりやした』で。だからそれはよくないんで、外出ますもんね」と本音を打ち明けると、春日も笑うしかなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月12日のニュース