おぎやはぎ 妻の機嫌をとるには 矢作「常にキス」 小木「キスすればイチコロ」

[ 2020年8月12日 15:00 ]

おぎやはぎの小木博明(左)、矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」が12日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、妻の機嫌のとり方について明かした。

 司会の坂上忍(53)から「おぎやはぎは亭主関白でも、かかあ天下でもなさそう」と問われ、矢作兼(48)が「どっちでもないでね。お互いが好きなものをやらせる。全然怒ったりもしない」と回答。さらに「機嫌が悪くなりそうな時はこっちがやっぱ気を遣って…常にキスだよな」とにやついた。

 相方の小木博明(48)も「女性はね、キスをすればイチコロですよ」とドヤ顔。「もちろん“愛してる”もいいますし。もちろん言葉だけじゃ通じないところもあるので、そこでキスなんです」と力説した。

 矢作はさらに「今日も美人だね。お化粧してる?えっ!?お化粧してないのにそんな美人なの」と話しかけることもあるという。

 坂上は「僕は“愛してる”ってのは、ほぼ言えないですね。ただチューは頑張りますよ。チューは頑張ります、チューは頑張ります」と恥ずかしそうに告白した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月12日のニュース