Dリーグ “先輩”プロリーグも激励 Bリーグ島田チェアマンは共闘期待「バスケとダンスは相性がいい」

[ 2020年8月12日 14:44 ]

「D.LEAGUE」発足会見に出席した、(左から)株式会社Dリーグの神田勘太朗・代表取締役COO、平野岳史・代表取締役CEO、EXILEのHIRO
Photo By スポニチ

 来年開幕するプロダンスリーグ「D.LEAGUE」の発足会見が12日、都内で行われ、国内の各プロリーグのチェアマンからも祝福の言葉が寄せられた。

 今年で発足28年目を迎えたサッカーJリーグの村井満チェアマン(61)は、「ダンスのプロリーグが日本に誕生するということで、私どもJリーグも大いに刺激を受けております」とコメント。「ダンスは、その美しさと技術を魅せるというエンターテインメント・アートの側面を持ちながら、厳しい鍛錬の成果が発揮されるという、大変魅力的なスポーツでもあります。体を動かすことの楽しさ、素晴らしさを、ぜひ多くの方に届けて頂きたい」とエールを送った。

 15年4月に開幕したバスケットボールBリーグは、島田慎二チェアマン(49)がビデオメッセージを寄せた。「同じプロリーグとして高め合っていきたいですし、バスケとダンスは非常に相性がいいと思います。日本を元気にするために頑張っていきましょう」と、将来の共闘に期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月12日のニュース