HIRO「Dリーグ」を「子供たちの夢が叶う場所に」

[ 2020年8月12日 14:22 ]

「D.LEAGUE」発足会見に出席したEXILEのHIROは、笑顔でガッツポーズ
Photo By スポニチ

 世界初のプロダンスリーグ「Dリーグ」が発足し、12日、都内で発表会が行われた。EXILEのリーダーでDリーグのチーフクリエイティブアドバイザーのHIRO(51)は「これまでの経験を生かしてエンターテインメントとして成立させたい。子供たちの夢が叶う場所にしたい」と意気込みを語った。

 参戦する企業はエイベックス、コーセー、サイバーエージェント、セガサミーホールディングス、セプテーニ・ホールディングス、フルキャストホールディングス、ベネフィット・ワン、USEN―NEXT HOLDINGSの8社。来年1月10日に開幕し、8チームが半年かけ全12ラウンドのレギュラーシーズンを戦う。上位4チームによるチャンピオンシップを経て6月末に初代王者が決定する。

 HIROは「出場すること自体が親孝行になるようなリーグにしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月12日のニュース