コロナで病院経営悪化…宮崎謙介氏、知人経営者の苦しい現状明かす「私の感覚では7割減」

[ 2020年8月7日 22:18 ]

宮崎謙介氏
Photo By 提供写真

 元衆院議員の宮崎謙介氏(39)が金曜MCを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」が7日、放送され、コロナ禍での病院経営の窮状が話題となった。

 リモート出演した丸田佳奈医師(38)は「私の主人はいくつか病院に勤務していたんですけど、コロナで1つの病院が潰れてしまった。その病院に行くはずだった日は今、家にいます」と現場の状況を明かした。さらに「皆さん“怖い”と言って病院に来ないというところもあって、小さいクリニックも含めて経営が苦しい状況ではある。コロナ患者さんの場合は“病床を開けておけ”って言われるので余計に経営はきついと思います」とも語った。

 宮崎氏も「私の周りにもクリニック経営者がいるけれど、患者さんが来てくれなくなったって言って、私の感覚では7割減のところが多い。7割っていったらもう(経営が)回らないですよ」と周囲から知り得た苦しい現状を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月7日のニュース