二木芳人教授 東京都のコロナ462人に「お国の方がより積極的に食い止める手を打ってない」

[ 2020年8月7日 15:53 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 昭和大の二木芳人客員教授(感染症学)が7日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。東京都の同日の新型コロナウイルスの感染者が新たに462人報告されたことに言及した。

 過去最多だった今月1日の472人に近い高水準。都内の感染者数は8月も悪化傾向が続き、6日は360人だった。7月下旬以降は300~400人台の日が目立つ。

 二木氏は「検査そのものは3、4日前ですから、そのころは6000件くらい(検査を)されてましたよね。そうしますと今、陽性率は7%くらいですから妥当な数字。前回の4連休が終わったくらい。その後、申し訳ないですけど、都はそれなりに対応してますけど、お国の方がより積極的に食い止める手を打ってない。これはもう少し増えてもおかしくない」と指摘。そして「あすから休みに入ると検査減りますよね。そうすると休み明けくらいが怖い気がする」と警鐘を鳴らした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月7日のニュース