波瑠主演「未解決の女」初回2時間SP 13・1% 第2シリーズも好発進

[ 2020年8月7日 10:54 ]

女優の波瑠
Photo By スポニチ

 女優の波瑠(29)が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜後9・00 初回は後8・00)が6日に2時間スペシャルでスタートし、初回の平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が13・1%だったことが7日、分かった。

 警視庁捜査一課「特命捜査対策室第6係」(通称・文章解読係)に配属された肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、鈴木京香(52)演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく爽快なミステリードラマ。波瑠の出世作、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の脚本を務めた大森美香氏が、瑞々しい人間描写を散りばめながら軽やかに描く。

 18年4月クールに放送された前シリーズは、初回から14・7%と高視聴率を記録。以降は一度も2桁を割ることなく、高水準でフィニッシュした。

 初回は、矢代朋(波瑠)はある日、鳴海理沙(鈴木)と主任・草加慎司(遠藤憲一)とともに、京都府警を訪ねる。実は3日前、京都市内で喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)の遺体とともに、「男」という漢字が3つ連なる赤インク文字が発見されるという、異様な事件が発生。奇しくも、5年前には東京都内でもIT業界の人間がふたり相次いで殺され、いずれも未解決のまま時が流れていた…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月7日のニュース