山本美月&瀬戸康史が結婚発表「お互いに失いたくない、大切な存在なのだと確信」

[ 2020年8月7日 17:00 ]

結婚を発表した瀬戸康史と山本美月
Photo By 提供写真

 女優の山本美月(29)と俳優の瀬戸康史(32)が7日、スポニチ本紙既報の通り、連名で結婚を発表した。「共通の趣味や似た感覚を持つ私達なりの、優しさで溢れた、穏やかな家庭を築いていきたいと思います」としている。事務所によると、この日都内区役所に婚姻届を提出。2人はすでに同居しており、山本は結婚後も芸能活動を継続する。

 「応援してくださっている皆様 関係者の皆様 私事で大変恐縮ですが、私共、瀬戸康史と山本美月はこの度結婚いたしましたことをご報告させていただきます。現在、このような状況で自分と向き合う時間が増え、その中でお互いに失いたくない、大切な存在なのだと確信しました」と報告。

 「共通の趣味や似た感覚を持つ私達なりの、優しさで溢れた、穏やかな家庭を築いていきたいと思います。これまで以上に仕事も邁進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」と誓った。

 「最後に、新型コロナウイルスの感染拡大の終息、そして私達の故郷でもある、九州地方を含めた『令和2年7月豪雨』による被害の1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます」と故郷への思いをつづった。

 2人は2016年7~9月のフジテレビドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」で初共演。昨年4~6月の同局系ドラマ「パーフェクトワールド」での再共演を経て同9月には交際に発展。新型コロウイルス禍の外出自粛期間中も共通の趣味である絵を描くことなどを通じて“ステイホーム愛”を育んでいた。

 互いに福岡県出身で共通点が多い。瀬戸はイラストを描くのが趣味で、5月には所属事務所の公式YouTubeチャンネルでイラスト制作動画を配信。山本は中学時代に自作の漫画を描いていたほどで、瀬戸との交際中も自身のインスタグラムに何度もイラストを投稿。知人は「2人はイラストの腕を競い合ったりして、充実した“おうち時間”を過ごしたようです」と明かした。

 瀬戸は現在、TBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」に出演中。多部未華子(31)演じる主人公を“顎クイ”するシーンなどで女性視聴者をキュンキュンさせている。

 山本は1月、日本テレビドラマ「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~」で地上波ドラマに初主演。今月21日には「糸」、12月11日に「新解釈・三國志」と映画話題作の公開も控えている。

 ◆瀬戸 康史(せと・こうじ)1988年(昭63)5月18日生まれ、福岡県出身の32歳。男性俳優集団「D―BOYS」のメンバー。08年、主演したテレビ朝日「仮面ライダーキバ」でブレーク。主な主演作にドラマ「恋空」(TBS)、「デジタル・タトゥー」(NHK)など。17年、主演舞台「関数ドミノ」で文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞した。1メートル74。血液型A。

 ◆山本 美月(やまもと・みづき)1991年(平3)7月18日生まれ、福岡県出身の29歳。09年、東京スーパーモデルコンテストでグランプリに輝き、同年、ファッション誌「CanCam」で専属モデルデビュー。11年、フジテレビのドラマ「幸せになろうよ」で女優デビュー。18年、同局ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」でヒロインを演じた。1メートル67。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月7日のニュース