轟二郎さん死去 65歳大腸がん 「びっくり日本新記録」体張った“チャレンジボーイ”

[ 2020年8月7日 05:30 ]

轟二郎さん
Photo By スポニチ

 日本テレビ系バラエティー「びっくり日本新記録」で体を張った企画に挑戦し、“チャレンジボーイ”として知られたタレントの轟二郎(とどろき・じろう、本名三浦康一=みうら・こういち)さんが、2日午前7時15分、大腸がんのため神奈川県内の病院で死去した。65歳。静岡県出身。葬儀・告別式は6日に親族のみで行った。喪主は妻ゆかりさん。

 親族によると、今年2月に東京・新井薬師で行われた節分会に参加。これが最後の公の場になった。1年半ほど前から闘病生活を続けており、ここ1カ月は病院に入院。妻と2人の子供にみとられ、息を引き取った。

 高校卒業後、殺陣師やスタントマンとして活動し芸能界入り。日本テレビのバラエティー「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で、広く知られるようになった。1970~80年代には「びっくり…」に本名で出演し「逆立ち相撲」などさまざまな企画に挑戦。日本テレビ「24時間テレビ」にも出演した。フジテレビドラマ「翔んだカップル」などで俳優としても活躍し、同作の「ボキ(僕)はね…」というセリフが流行した。近年はエフエムぬまづ「モーニングスプラッシュ」のパーソナリティーなどを担当していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月7日のニュース