「福島美少女図鑑」で人気急上昇!16歳・柄澤麻美、目指す“球児の女神”

[ 2020年5月30日 06:00 ]

笑顔を見せる柄澤麻美
Photo By スポニチ

 福島県内の美少女を発掘するフリーマガジン「福島美少女図鑑」。同誌の人気モデルを紹介する第8回は田村市出身の柄澤麻美。透明感と輝きを放つ16歳だ。

 すらっとした体形とニコッと笑いかける小顔が魅力だ。それでも、「もっとかっこいい感じになりたいです。もっとスタイルも良くしたいです」と、憧れのE―girlsの藤井夏恋(23)を目指し、さらに自分を磨く。

 15年12月から創刊された「福島美少女図鑑」の第5号では初の撮影でなんと、初の表紙に大抜擢。透明感があり、人気急上昇中の美少女を企業が放っておくわけがなく、柄澤は仙台大原簿記情報公務員専門学校の年間キャラクターなどにも起用され、活動の幅を広げている。「昔はカメラにおびえていたけど、今は楽しめています。真っすぐカメラも見つめられます」と自分を表現できるようになった。

 「実は私、“高校野球ガール”をやりたいです」と、KFB福島放送の夏の高校野球のイメージガールに立候補した。過去には、現在女優として活躍している郡山市出身の箭内夢菜(19)や会津若松市出身の坂口風詩(19)も務めるなど、ブレークへの登竜門だ。「私の高校も野球が強い。頑張ってるのも知っているし球児の役に立ちたい」。熱い夏が訪れるとき、柄澤が“球児の女神”になる。(近藤 大暉)

 ◆柄澤 麻美(からさわ・あさみ)2003年(平15)7月15日生まれ、田村市出身の16歳。「第2の箭内夢菜を探せ!」のオーディションに参加し、17年から事務所に所属。好きなスポーツはハンドボール。好きな動物はレッサーパンダ。好きなアーティストはE―girls。1メートル64。

 ▽福島美少女図鑑 二階堂ふみや桜井日奈子など数多くの有名タレントを発掘したフリーマガジン「美少女図鑑」の福島版。15年12月に創刊し、県内で年2回、各2万部を発行する。3月には第9号が刊行された。県内最多の150人以上のモデルが所属する「アンドビープロダクション」が運営し、発刊する。4月にはYouTubeで「福島美少女図鑑ちゃんねる」が開設された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月30日のニュース