宝塚音楽学校、6月5日に入学式実施 大劇場大広間でソーシャルディスタンス確保

[ 2020年5月31日 00:00 ]

 タカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)は31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月から延期していた第108期生の入学式をを6月5日に行うことを明らかにした。

 同校は政府の「緊急事態宣言」を受け現在も臨時休校中。この解除を受け6月2日から授業を再開し入学式もこれに合わせる形で同5日に行う。新入生の入学式は例年、同校の講堂で行われているが、ソーシャルディスタンス確保などのため今回は宝塚大劇場の大広間(ロビー)で開催し、必要な感染防止策をとり、内容も縮小するという。

 108期生は3月27日に行われた合格発表も、例年行われている敷地内での掲示板をやめホームページ上で発表。4月17日に行う予定だった入学式も戦後初めて延期されていた。

 宝塚歌劇団は6月末までの全公演中止、およびその後の公演スケジュール見直しを発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月30日のニュース