台本なし「テラハ」、編集に意見すると「すぐ卒業になった」元出演者の関係者明かす

[ 2020年5月30日 05:30 ]

2020年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会に参戦した木村花さん
Photo By スポニチ

 フジテレビの遠藤龍之介社長が29日、同局が制作する恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の出演者だった女子プロレスラー木村花さん(享年22)が23日に死去したことを受け、報道各社にコメントを発表した。出演者らの精神面のケアなどについて「私どもの認識が十分ではなかった」と見解を示し、「今後、十分な検証を行ってまいります」とした。

 同番組に台本はないとされているが、編集方法などを巡ってはさまざまな意見が寄せられている。メンバーとして出演していた会社経営の新野俊幸氏は27日に自身のツイッターで「俺は何も指示されてないよ、忖度(そんたく)なしで。編集にはムカついてたけどな」と見解を示した。

 過去に出演していたタレントの関係者は「編集による見え方についてよく制作側に意見して、理解してもらっていた。だけど、そういう人はすぐ卒業になった」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月30日のニュース