渡辺直美 自宅待機で実感「自分には趣味がなかったんだな」初の自炊にも挑戦

[ 2020年4月22日 19:49 ]

渡辺直美
Photo By スポニチ

 お笑いタレント渡辺直美(32)が22日、TOKYO FM「THE TRAD」(月~木曜後3・00)にゲスト出演し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅待機中の近況を語った。

 拠点としている米ニューヨークから帰国している渡辺は、番組にリモート出演。パーソナリティーの稲垣吾郎(46)から「今、ニューヨークから1回戻って来られていて、SNS以外では何をされているんですか?」と尋ねられ、「SNS以外ですか?食っちゃ寝の日々というか。ハハハハハ」と笑いながら告白。「お仕事もなかなかできなかったり、リモートでする形が多いので、家でもSNSをやる以外はほぼなくて。自分には趣味がなかったんだなというのを痛感しました」と打ち明けた。

 そんな中でも、新たな挑戦として料理を始めたという。「最近始めたことといったら、料理とか。自炊みたいなのを今まで一切してなかったんです。100%外食だったんです。これを機に自炊を始めて、ちょっと今はそれにはまっている感じですね」。得意料理はチャーハンだが、おたまが家になく、「大きめの丸い器のようなボウルに米を詰めて、お皿にパンってやってます」と豪快な料理法を明かした。

 チャンネル登録者数50万人を超えるYouTubeの公式チャンネルでは3月、寝ている姿を生配信するという挑戦的な企画を実施した。「そこで新たな交流ができたらいいなと思って、試行錯誤しながらやってます」と話すと、稲垣が「添い寝してもらおうかな。みんな1人でいるからさ。独身者は特に」と人肌恋しさに?大胆発言。渡辺も「ぜひとも、ぜひとも」と応じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月22日のニュース