元NHK住吉美紀アナ 新型コロナ陽性 入院治療に専念「1日も早い回復を目指し」19日に肺炎で緊急入院

[ 2020年4月22日 21:10 ]

元NHKアナウンサーでフリーの住吉美紀
Photo By スポニチ

 元NHKアナウンサーで現在フリーの住吉美紀(47)が今月19日のPCR検査の結果、陽性判定となり、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと22日、所属事務所が公式サイトで公表した。引き続き、入院治療に専念する。19日に肺炎で緊急入院し、PCR検査を受け、結果待ちだった。

 所属事務所は「本日、4月19日のPCR検査の結果、陽性判定となり、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。今後は、医師のご指導の下、1日も早い回復を目指し、引き続き入院治療に専念して参ります」と報告。「ファンの皆様、リスナーの皆様よりの温かいメッセージには、この場を借りまして厚く御礼申し上げます」と感謝した。

 住吉アナは16日に発熱し、その後、高熱が続いたため、電話で問診した上で19日に都内の医療機関で診察を受けた。CT検査で肺炎と診断され、緊急入院。同時に医師の判断でPCR検査を受けたという。家族は夫がいるが、子供はいない。

 TOKYO FM「Blue Ocean」(月~金曜前9・00)でパーソナリティーを務めているが、15日からリモート出演に切り替え。20日から当面の間、取りやめると発表。20日の放送は、元TBSでフリーアナウンサーの吉田明世(32)が代役を務めた。

 TOKYO FMは今月15日に40代男性社員、20日に報道情報センター所属の40代女性社員が新型コロナウイルスに感染したことを発表している。

 ◆住吉 美紀(すみよし・みき)1973年(昭48)4月5日生まれ、神奈川県出身の47歳。国際基督教大卒業後の96年、NHKに入局。2007年NHK紅白歌合戦の総合司会を担当するなど、エースアナとして活躍した。11年にNHKを退職し、フリーに。15年から2年間、本業の傍ら多摩大の客員准教授を務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年4月22日のニュース