森喜朗会長 五輪延期で浮上の課題に言及 代表は「決まっている方は優先」、チケットは「ちゃんと保証」

[ 2020年3月28日 15:38 ]

森喜朗氏
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が28日、日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜前8・00)に出演。延期が決まった大会開催における課題について言及した。

 この日、番組では延期によって浮上している複数の課題について特集し、森会長がそれぞれ回答。代表選手の選考については「今、決まっている方は優先してあげるべき」と答えた。

 続けて、当選したチケットは「原則として、ちゃんと保証します」と明言。「せっかく得られた権利」とした上で「ただし、都合が悪くなって、いらないとか、変えたいとかいうことがあればキャンセルして、新しいチャレンジに挑戦してもらうことになる」と語った。

 また、大会観戦のために予約したホテルのキャンセルについても見解を述べた森会長。「これは、組織委員会が関わっているわけじゃない。割り当てを受けたそれぞれのスポンサー、あるいは旅行会社であるとか、そういうところはホテルとのパックで売り出したり、食事付きのパックで豪華にやったり、それはその人たちの営業のひとつの品目。そこまで私たちが入ることはない」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月28日のニュース