カンニング竹山「100日後に死ぬワニ」のメディアミックスに持論「批判しているのがバカ」

[ 2020年3月23日 18:09 ]

お笑いタレントのカンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレント、カンニング竹山(48)が23日、月曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に出演。20日に最終回を迎えた4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」のアニメ映画化、書籍化などが発表されたことについてコメントした。

 同漫画の作者で、漫画家・イラストレーターのきくちゆうき氏が、最終話をツイッターに掲載後、アニメ映画化、書籍化、グッズ化などのメディアミックスを発表した。番組では、この展開を受けて「最初から仕組まれていたのか」などと、ネット上で批判の声が広がったことを紹介した。

 パーソナリティーを担当するフリーアナウンサー・赤江珠緒(45)から、「一連の騒動はどう思いますか?」とコメントを求められた竹山は、「批判しているのがバカじゃないのかと思いますね」とバッサリだ。「言葉はきついけど」と前置きしたうえで、「当たり前のことでしょうよ、何にもおかしくないですよ。意味が分からないオレは」。大きな話題を呼んだ作品だけに、映画化などの展開は当然との見解を示した。

 ゲスト出演したコラムニストの小田嶋隆氏(63)は、「人が死んだら四十九日とか、初七日とか、黙っているものなのに、いきなり告知があったのが、ちょっと余韻がなかった、そういう話じゃないでしょうか」とコメント。竹山は「もしですよ、これ事実とは違うだろうけど、初めから出版社とかと仕組んで100日、毎日(ツイッターで漫画を)出そうというものだったとしても、(読者は)ツイッターでタダで見ているわけだし、何の問題もない。それを批判する権利もなにもない」と持論を展開した。

 今回の一件は、バックに大きなプロジェクトが関わっているのではないかという“電通案件”説まで持ち上がる展開に。きくち氏は21日、同漫画とのコラボ動画を手がけた、いきものがかり・水野良樹(37)のツイッターで水野とともに生配信を行い、“電通案件”を否定。「こんな裏でデカいことになっているんだろうって言われるのは悲しい」と心境を吐露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月23日のニュース