志らく 1人当たり現金10万円の経済対策案に「早急に実施してもらいたい」

[ 2020年3月23日 11:15 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が23日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として、国民1人当たりに一律10万円の現金を給付する案が検討されていることに言及した。

 志らくは「現金給付と消費税がなくなるっていうのが理想なのかもしれないけど、小売店がまた(消費税が)変わるとちょっとしたパニックが起きるかもしれない。現金10万っていうのが国民1人当たりだから、10万だけじゃない。5人家族だと50万、4人だと40万。これは大きい。1カ月くらいだったらつなぐことができるって額だから、早急に10万を実施してもらいたいです」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース