日曜劇場「テセウスの船」最終話19・6%!大台肉薄の番組最高で有終 黒幕判明&澤部登場に“衝撃”

[ 2020年3月23日 09:00 ]

(左から)榮倉奈々、鈴木亮平、竹内涼真、上野樹里
Photo By スポニチ

 俳優の竹内涼真(26)が主演を務めるTBS日曜劇場「テセウスの船」(日曜後9・00)の最終話が22日に放送され、平均視聴率は19・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。初回は11・1%でスタートし、第2話は11・2%、第3話は11・0%、第4話は11・0%、第5話は11・8%、第6話は13・2%、第7話は14・0%、第8話は15・3%、第9話は14・9%だった。

 平成元年に警察官の父親が起こした殺人事件により世間からずっと後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた青年が、あるきっかけで事件当時にタイムスリップ。事件が起こる前の平成元年に、父とともに真相を追うヒューマンミステリーで、最終話は放送前から黒幕は誰なのか…と盛り上がりを見せていた。

 黒幕が判明したほか、さらに、最後に過去が変わったことで幸せな家族がそろうシーンに竹内が演じる心の兄・慎吾役で「ハライチ」の澤部佑(33)が出演したことも“衝撃”を与えるなど、視聴率は、第8話で記録した15・3%を4・3ポイント大幅に上回る番組最高を記録してフィニッシュした。

 最終話は、駐在所のワープロから犯行日記が、庭からは青酸カリが発見され、文吾(鈴木亮平)は逮捕されてしまった。しかも文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め「俺が犯人だ」と自供する。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか、大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース