丸山桂里奈 なでしこ川澄の聖火リレー辞退に「一緒に走れると思ってたので残念」

[ 2020年3月23日 21:30 ]

丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で活躍し、現在はタレントとして活動する丸山桂里奈(36)が23日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。「なでしこジャパン」の元チームメイトの川澄奈穂美(34・スカイブルー)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、なでしこジャパンとして第1走者を務める予定だった26日の東京五輪国内聖火リレー参加を辞退したことについてコメントした。

 国際オリンピック委員会(IOC)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な深刻化している状況を受け、7月24日の東京五輪の開幕延期を含めて検討すると発表した。アスリートにとっては、どの日程に照準を合わせていくのかについて深刻な問題。丸山はこの報道に触れ「私が選手だったら、準備できていない状態で勝っても嬉しくない。準備の過程が大事だと思っているので」と持論を語った。

 また、川澄が聖火リレー参加を辞退したことについては「一緒に走れると思ってたので残念。川澄は現役選手なので…」と悲しげな表情。「チームメイトのためによくクッキーを配ってて“クッキーおばさん”て呼ばれていた」と笑いを誘うも「『みんなのために』という思いで、こういう決断になったと思う」と真意をくみ取っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース