マツコ、お金の貸し借りは「仲の良い人ほどしない方がいい」と訴えるワケ

[ 2020年3月23日 18:48 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が23日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演。お金の貸し借りは「仲の良い人ほどしない方がいい」と訴えた。

 番組では「古くからの友人が経営する会社が倒産しました。当面の食い扶持もないようなので、少しばかりの援助はしたのですが、こちらにも余裕はありません。今後どう付き合っていけばいいのでしょうか?」という悩みに対し、出演者が回答。

 株式トレーダーでタレントの若林史江(42)は「倒産して最初の1カ月分のお金だったら、援助してあげてもいいと思う」と持論を口に。ただ「すぐ頑張って働こうと思ったら、食べる分だったら稼げるじゃないですか。次の給料が入るまで1カ月かかるから、その間は助けてあげてもいいと思うけど、その先って自分でどうにかしていかないといけない」とも語った上で「お金はあろうがなかろうが、やりすぎてしまうと相手の人にとってもよくない」と説いた。

 この意見にマツコもうなずきながら「関係性は崩れるよね、お金の貸し借りとかって。絶対に仲の良い人ほどしない方がいい」と主張。貸し借りを定期的にやっている人たちの関係性が「うまくいったのを見たことない」と言い「関係が絶対におかしくなる」と述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース