沢口靖子主演「科捜研の女」最終話12・5% 安定の21回連続2桁で有終の美!

[ 2020年3月23日 09:03 ]

沢口靖子(左)と内藤剛志
Photo By スポニチ

 女優の沢口靖子(54)が主演するテレビ朝日のドラマ「科捜研の女」(木曜後8・00)の最終話が19日に放送され、平均視聴率は12・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。21回連続で2桁視聴率を記録した。

 京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)ら個性豊かな研究員が、専門技術を駆使して事件の真相解明に挑むシリーズで、1999年のスタート以来、根強い人気を誇っている。第19弾となる今回はシリーズ20周年とテレ朝開局60周年を記念して来年3月まで1年間のロングラン放送。初回視聴率は13・7%と好スタートを切り、第2話は12・3%、第3話は14・1%、第4話は13.5%、第5話は9・6%、第6話は12・2%、第7話は12・4%、第8話は12・1%、第9話は12・1%、第10話は10・2%、第11話は11・5%、第12話は10・4%、第13話は9・8%、第14話は10・8%、第15話は11・0%、第16話は11・5%、第17話は12・4%、第18話は13・0%、第19話は12・4%、第20話は10・7%、第21話は11・9%、第22話は11・6%、第23話は12・2%、第24話は12・2%、第25話は12・6%、第26話は10・1%、第27話は11・0%、第28話は10・1%、第29話は11・4%、第30話は11・1%、第31話は10・8%、第32話は11・1%、第33話は11・7%を記録していた。

 最終話は、殺人事件で指名手配をかけられ、長らく逃亡していた芳賀悦郎(田中要次)が逮捕された。本人は犯行を否認し、弁護士も鑑定の証拠能力に疑問を唱え、再鑑定が行われることに。科警研は、榊マリコ(沢口靖子)に白羽の矢を立て、その依頼に訪れたのは、彼女の父で元科捜研所長の榊伊知郎(小野武彦)だった…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース