佐伯チズさんがALSを公表「諦めません。負けません」動画で現状を報告

[ 2020年3月23日 14:23 ]

美容アドバイザーの佐伯チズさん
Photo By スポニチ

 美容アドバイザーの佐伯チズさん(76)が23日、自身のブログを更新。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたことを報告した。

 この日、佐伯さんの公式サイトで「佐伯チズに関する大切なお知らせ」と題し、「過日、弊社所属の佐伯チズは、医療機関での精密検査の結果、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されました」と発表。

 自身ブログでも診断結果をあらためて報告。さらに、掲載されたメッセージ動画では「半年ほど前から右足に違和感を感じ、昨年末には思うように動かすことができなくなりました」と振り返り「検査の結果、ALSと診断されました」と、自身の肉声で明かした。

 心境を「皆さまもびっくりなさったでしょう。私本人が一番びっくりしております」と話し「私も本当にこの50年間、馬車馬のごとく頑張って参りました。入院もしたことないし、点滴も受けたことないんですけれども」とこれまでの健康を回顧。「だから皆さんも働き過ぎず、飲み過ぎず、自分の健康、元気。これがあってこそのキレイだってことを忘れないで」と訴えた。

 続けて、声を震わせながら「『もっと自分を大切に。自分らしくなるのよ』って言ってきた人間がこんなことになってしまって…」と目に涙を浮かべた佐伯さん。それでも、病との闘いに「諦めません。負けません」と力強く宣言し「頑張ります。よろしくお願いします」と呼びかけた。

 公式サイトでは、今後について「病と向き合いながらとなりますが、国際美容家/美肌師としての活動を可能な限り継続させていただく所存です」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月23日のニュース