宇賀なつみ 人気女優とのまさかの“かぶり”に「こうやって着るんだ」

[ 2020年2月16日 09:46 ]

フリーアナウンサーの宇賀なつみ
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宇賀なつみ(33)が11日深夜放送のテレビ朝日「川柳居酒屋なつみ」(火曜深夜1・56)に出演。女優の吉岡里帆(27)との思わぬ“かぶり”で感心したことを明かした。

 この日は女優の室井滋(61)がゲスト出演。衣装として自分で買ったものの、あまり着られないでいた高級コートを、とある女優がプライベートでオシャレに着こなしている姿をスポーツ紙で見たことをネタに川柳を読み、「このコート、こういう時に着るもんなんだって思った。それから女優さんとかの洋服がかぶってないか気になっちゃって…」ともらした。

 芸能界では“あるある”の衣装かぶりについて、宇賀アナも「ありますよ、私も衣装でありましたもん、最近」と告白。「年末にあるイベントで着た白いレースのワンピースというか、ちょっとドレッシーな感じのやつで、スタイリストさんが選んでくださったんですけど、お正月に『格付』見ていたら、吉岡里帆ちゃんがまったく同じのを着てて…」と元日放送の同局「芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル」で吉岡が着用していた衣装とかぶったことを明かした。

 宇賀アナは「こうやって着るんだ!って」としみじみ。「ちょっとベルトとかしてオシャレにしてたんですよ。こうやって着るとかわいいだぁって。そういう問題じゃないのかな?とかいろいろ考えた」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月16日のニュース