和田アキ子 槇原容疑者に新曲を依頼していた「大人が歌えるミディアムテンポで、優しい歌詞で…」

[ 2020年2月16日 12:20 ]

歌手の和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(69)が16日、TBS「アッコにおまかせ」(日曜前11・45)で、覚せい剤取締法違反罪で逮捕、送検された歌手槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)に新曲の作曲を依頼していたことを明かした。

 和田は「私の新曲をお願いしていたんですよ。去年から」といい、「大人が歌えるミディアムテンポで、優しい歌詞で勇気づけられる」作品をとリクエスト。

 槇原容疑者の事務所は「本人の30周年に入るので、春ぐらいまでに」と引きうけ、和田はまだ「できていないと思う」と説明。「できていたら私、ショックでしゃべれないと思う」と話した。

 逮捕を13日に聞いたといい、「ショックでショックで、何で~」と心境を打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月16日のニュース