小倉優子 実はCDを出していた「歌は苦手で、歌唱力は残念な感じですが」

[ 2019年10月9日 12:03 ]

小倉優子
Photo By スポニチ

 タレントの小倉優子(35)が9日、自身のインスタグラムを更新。かつての歌手活動について思いをつづっている。

 小倉は「ちょっと前になりますが キンタロウさんが、ものまね紅白歌合戦で私のものまねをしてくださったのです」とお笑いタレントのキンタロー。(37)との2ショットを掲載。「あまり知られていませんが、昔CDを出していたんです笑 歌は苦手で、歌唱力は残念な感じですが」と自虐しつつ、「ものまねしてくださるのが嬉しかっです。キンタロウさん、ありがとうございございました」とつづった。

 この投稿にファンからは「未だにアルバムを聴いています」「わぁ!!!懐かしい!!」「シングル&アルバム全部持ってます」「今でもその衣装が似合うゆうこりん、流石です」「ゆうこりんの曲未だにYouTubeとかで聞くけど、今も変わらず若いし、可愛いママで凄い」「僕はゆうこりんの歌、不思議な魅力を感じてました。とても良かったですよ」などと温かい声が寄せられている。

 小倉はアイドル歌手として、インディーズデビュー曲「ウキウキりんこだプー」(2002年)、メジャーデビュー曲「恋のシュビドゥバ」(2004年)など計5枚のシングルと、2枚のアルバムを発売している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月9日のニュース