道端アンジェリカ夫の恐喝事件に新たな疑問 なぜ店の個室に防犯カメラが…

[ 2019年10月9日 06:45 ]

モデルの道端アンジェリカ
Photo By スポニチ

 モデル道端アンジェリカ(33)の夫キム・ジョンヒ容疑者(37)が恐喝容疑で逮捕された事件で8日、恐喝に使ったカメラ映像の設置場所について、捜査関係者が「何らかの意図があるのでは」と注視していることが分かった。

 キム容疑者は、道端の知人男性から現金35万円を脅し取ったとして逮捕された。この際使用したのが、自身の経営する飲食店で道端と知人男性が個室で親しげに飲酒する防犯カメラ映像。警察関係者は「通常は不審者の侵入対策でカメラを出入り口に設置するが、今回は個室。珍しいケースだ」と違和感を口にする。ほかの捜査関係者も「今はカメラを自由にセットしてワイヤレスで映像を送れるため、客が気付かないことが多い。室内の設置は店側の意図を感じる」と語った。

 捜査を担当する警視庁組織犯罪対策2課はこの点について注目。店がカメラを設置した経緯、アンジェリカがカメラの存在を知っていたのかなど、慎重に調べを進める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月9日のニュース