芝野八段 インパクトある名前「虎丸」の由来とは

[ 2019年10月9日 05:30 ]

囲碁・芝野虎丸八段 最年少で名人奪取

芝野虎丸新名人(撮影・我満晴朗)
Photo By スポニチ

 囲碁の第44期名人戦7番勝負の第5局は7、8の両日、静岡県熱海市で打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩(ちょう・う)名人(39)を破り、4勝1敗で名人を奪取、10代初の7大タイトル保持者となった。最年少19歳11カ月の獲得で、2009年に井山裕太4冠(30)が達成した20歳4カ月を10年ぶりに塗り替えた。25日に開幕する王座戦では、井山と直接対決する。

 【芝野に聞く】
 ――龍之介、虎丸という兄弟の名前もインパクトがあり、ユニークだが。
 「兄が龍なら、弟は虎だろうと。虎が厳しいので、丸を合わせて柔らかくしようということだったらしいです」

 ――初の7番勝負の感想と勝因は。
 「いい経験になった。全体を通して気持ちを切らさずに打てた」

 ――何が自身を強くしたのか。
 「勉強を頑張ったのもあるが、最近、対局が楽しく、囲碁自体を楽しめているのがいい結果につながっている」

 ――今後の抱負は。
 「7大タイトルが初めてということで、棋士として大きな分岐点だと思う。これに満足せずにまた頑張っていきたい」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月9日のニュース