金田正一さん 「巨人の星」大リーグボール1号の名付け親 漫画やアニメに実名で登場

[ 2019年10月7日 05:30 ]

金田正一さん死去

金田正一さん
Photo By スポニチ

 急性胆管炎による敗血症で急逝した元プロ野球投手・金田正一さん。60~70年代の野球漫画やアニメに実名で登場していた。

 「巨人の星」では、主人公・星飛雄馬が最も尊敬する投手、チームメートとして描かれた。作画を担当した川崎のぼる氏(78)は「大投手でしたね。長身で手足が長く、描いているだけでもバッターは打ちにくいと想像できた。ちょっと毒舌で、物語を面白くしてくれる人でもあった」と悼んだ。大リーグボール1号は、劇中で金田さんが「日本人の手で新変化球をつくれ」とハッパを掛けたことから誕生。名付け親でもあった。「侍ジャイアンツ」「アストロ球団」「おれとカネやん」などにも登場し、おなじみのキャラクターだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月7日のニュース