アンジェリカ夫逮捕事件4つの謎 夫の店で密会?35万円は飲食代?密着認めた理由?組対2課が捜査?

[ 2019年10月7日 05:30 ]

道端アンジェリカ
Photo By スポニチ

 モデル道端アンジェリカ(33)の夫で韓国籍の飲食店経営キム・ジョンヒ容疑者(37)が、道端の知人男性から現金35万円を脅し取ったとして、警視庁組織犯罪対策2課に恐喝容疑で逮捕された事件に“4つの謎”が浮上している。

 逮捕容疑は8月7日、会社経営の40代男性の職場に押し掛け、35万円を脅し取った疑い。道端も同席していた。関係者によるとキム容疑者は、自身が経営する会員制の飲食店で、道端と被害男性が“密会”していたことに怒ったとみられる。

 謎その(1)は「なぜ夫の店で男性と会ったのか」だ。本紙の取材によると「道端と被害男性は数年前から親しい間柄」で“元カレ”との情報もある。道端は5日、「(男性と)体を密着させ飲酒していたことを疑い、そのことで夫が相手を責めた結果」などとするコメントを発表。密着した理由への言及はないが、わざわざ夫の店で男性と体を寄せ合うのはあまりにも不自然だ。被害男性が周囲に「ハメられた」と漏らしているとの話もある。

 謎その(2)は「なぜ35万円なのか」。キム容疑者が妻と男性の関係を疑って激高したなら、35万円という額は低く、中途半端にみえる。キム容疑者は、調べに「脅したつもりはなく、飲食代金を請求した」と容疑を否認している。35万円を振り込ませた後も、男性を脅し続けていたとみられ、金額については不透明な部分がある。

 謎その(3)は「なぜ道端が“密着”を認めたか」だ。道端のコメントは不倫を疑われかねない内容で、イメージが命の女性芸能人にとっては大ダメージとなりかねない。にもかかわらず発表したのは「より黒い疑惑を隠すためでないか」とみる芸能関係者もいた。コメントには離婚を示唆するような部分もあり“夫とは無関係”と強調する狙いがあった可能性もある。

 謎その(4)は「組対2課が捜査するのはなぜか」。事件を、国際捜査の精鋭がそろう警視庁組織犯罪対策2課が担当することに「35万円を脅し取っただけの事件で動くのは不可解」との見方も。道端自身も組対2課に長時間の聴取を受けており「恐喝に関わっていたのでないか」と指摘する声も一部で上がるなど、今後の捜査の行方に注目が集まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月7日のニュース