赤塚不二夫さん作画 日高正人のCDジャケが話題なのだ デビュー50周年曲「男の遠吠え」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

故・赤塚不二夫さんが描いた日高正人「男の遠吠え」CDジャケット
Photo By スポニチ

 歌手日高正人(76)のデビュー50周年記念曲「男の遠吠え」のジャケットが話題だ。

 漫画家の赤塚不二夫さん(08年他界)が生前、日高を気に入り描いた貴重なイラスト。♪うおうおうおーおお、と“遠吠え”しながら始まるロック調のユニークな歌にぴったりのジャケットだ。

 日高は今から30年以上前、体重73キロながら220キロの横綱大乃国(現芝田山親方)を持ち上げて話題になるなど、常に挑戦してきた熱血漢。来年に喜寿を迎えるが、親友の南こうせつ(70)からも激励のパンチを受け「いくつになっても吠え続け、天国の赤塚先生に“これでいいのだ!”と言ってもらえるよう、同世代に活力を与える歌にしたいです」と張り切っている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月7日のニュース