ブルゾンちえみ涙 “東京の家族”金田正一さん弔問「無償の愛で見守ってくれた」

[ 2019年10月7日 16:08 ]

金田正一さんの自宅に弔問に訪れたブルゾンちえみ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのブルゾンちえみ(29)が7日、6日早朝に亡くなった400勝投手の金田正一さん(享年86)の都内の自宅へ弔問に訪れた。

 ブレーク前にレストランでアルバイトをして生計を立てていた際、金田さんがその店の常連で、有名になった後も定期的に朝食を2人で食べる仲だった。

 金田さんとの突然の別れ。悲しみの対面を終えたブルゾンは「亡くなった気がしない。柔らかいいつもの表情だった。(きょう)会えてうれしかった」と声を振り絞った。

 最後に会ったのは今年5月。一緒に朝食を食べ、その際「夏になったら俺の作った海鮮焼きそばを一緒に食べよう」と話していたという。約束はかなわなかったが「私にとっては、血のつながりはないですが、東京の家族のような存在。無償の愛で見守ってくれた」と、感謝の思いを語りつつ、故人をしのんだ。

 ブルゾンは6日、訃報を受けて「金田さんは、きっと今も私のそばにいて、前と変わらず私を気にかけてくれているのだろうな、と今は思っています」とコメントを発表していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月7日のニュース