友近、吉本興業との面談はまだ「順番に回ってくる」

[ 2019年8月5日 18:51 ]

BSスカパー!「友近の大好きサスペンス~芸人たちとのミステリーパーティー~」取材会に出席した(左から)バッファロー吾郎A、友近、向井慧
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の友近(46)が5日、都内で行われたBSスカパー!「友近の大好きサスペンス~芸人たちとのミステリーパーティー~」(9月16日放送、後10・00)取材会に出席。去り際、「会社と話し合いしましたか?」と声をかけられると「順番に回ってくると思います」とまだ吉本興業側と話し合いをしていないことを明かした。

 友近は、同社の岡本昭彦社長の会見後、TBS系「ゴゴスマ―GO GO!Smile!」(月~金曜後1・55)や「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に出演し、闇営業問題から発展した吉本興業の騒動について言及。また岡本社長の会見後に「ダウンタウン」松本人志(55)が「プロ根性で乗り越えましょう」とツイートしたことに対して「まだここの気持ちまで追いついてない」と話すなど複雑な心境を吐露していた。

 この日、番組の収録終了後に友近、「バッファロー吾郎」のバッファロー吾郎A(48)、「パンサー」の向井慧(33)への囲み取材が行われる予定だったが、代表者のみが質問できる形式へと変更となっていた。

 「友近の大好きサスペンス」は、2時間サスペンス大好き芸人である友近らが歴史や豆知識、定番のシーンなどについてトークを展開するバラエティー番組。友近は「推理しながら定番のあるあるを見つけながら観るのも楽しい。70年代から続いているあの世界観をまだ見られるというノスタルジックさと現代を織りまぜた感じがすごく好き」と魅力を熱弁。もし、自由にサスペンスドラマを制作するなら「小林星蘭ちゃんみたいな子役ばかりで、子役サスペンスとかやってみたい」と声を弾ませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月5日のニュース