山寺宏一「アンパンマン」でジャムおじさん役 ネット驚き「チーズがジャムになった」「一人何役?」

[ 2019年8月5日 19:54 ]

声優の山寺宏一
Photo By スポニチ

 声優の増岡弘(82)が日本テレビ「それいけ!アンパンマン」(金曜前10・55、関東ローカル)のジャムおじさん役を卒業し、後任は声優の山寺宏一(58)が務めることが5日に発表された。

 山寺は同作で既に「めいけんチーズ」「かばおくん」などの人気キャラクター役を担当。ほかにも「かまめしどん」「カバオくんのお父さん」「ゆずじいや」も務めており、ネットでは「山ちゃんたくさんやってる!」「チーズがジャムになった(笑)」「山寺さん、一人何役?」「それいけ!山ちゃんマンですね」「兼任凄い」などの反響があった。

 ジャムおじさんは、パン工場に住むパン職人で、アンパンマンの生みの親役。主要なレギュラーキャラクターで、声は増岡が1988年10月3日の第1話「アンパンマン誕生」から務めてきた。

 山寺は「増岡弘さんは演技だけでなく、そのお人柄も含めてジャムおじさんそのものです。代われる人などいません。でも30年以上、その優しさと温かさにふれてきた者の一人として、少しでも増岡さんのジャムおじさんに近づけるよう、精一杯つとめさせて頂きます」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月5日のニュース