増岡弘 高齢のためマスオ役&ジャムおじさん役卒業 国民的アニメ2番組「次の世代の方に託す」

[ 2019年8月5日 18:30 ]

アニメ「それいけ!アンパンマン」「サザエさん」からの卒業を発表した増岡弘
Photo By 提供写真

 声優の増岡弘(82)がフジテレビ「サザエさん」(日曜後6・30)のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」(金曜前10・55、関東ローカル)のジャムおじさん役を卒業することが5日、分かった。マスオ役の後任は声優の田中秀幸(68)、ジャムおじさん役の後任は声優の山寺宏一(58)が務める。所属事務所・俳協(東京俳優生活協同組合)の朝田孝二理事長は公式サイトで「当組合所属増岡弘でございますが、『高齢』により『サザエさん』マスオ役(約40年間出演)、『それいけ!アンパンマン』ジャムおじさん役(約30年間出演)2作品に関しましては、次の世代の方に託し、卒業させていただく運びとなりました」と理由を説明した。

 同理事長は「長い間たくさんの方々に愛されているこれらの番組に携われたことは、本人はもとより事務所としても大変光栄なことでした。本当にありがとうございました」と感謝した。

 フジは「今回の交代は、本人より高齢による番組卒業の申し出があったことを受け、制作スタッフが相談の上、決定した」と説明。後任はオーディションを重ねた結果、田中に決定。先日、東京都内で行われた今月18日の放送分のアフレコで増岡によるマスオは最後。翌週の25日から新たなマスオが登場する。

 同局編成部の渡辺恒也プロデューサーは「1978年6月11日の放送以来41年間、マスオさん役を演じ続けてくださった増岡さんに、心から感謝申し上げます。いつも穏やかで優しいマスオさん像を作り上げてくださって、本当にありがとうございました」と感謝。

 田中は「このたび増岡弘さんから、フグ田マスオ役を引き継がせていただくことになりました。これまで同様、皆様に愛されるマスオでいられるよう、精いっぱい演じさせていただきます。よろしくお願いいたします」とコメントした。

 日テレは「それいけ!アンパンマンにつきまして、ジャムおじさん役を声優の増岡弘さんがご本人の意向により卒業することとなりました」と報告。最後の出演は9日の第1464話「アンパンマンとはみがきこちゃん/フランケンロボくんとちゅらおばあ」。

 後任の山寺は、既に番組で「めいけんチーズ」や「かばおくん」などの役も担当している。

 ジャムおじさんは、パン工場に住むパン職人で、アンパンマンの生みの親役。主要なレギュラーキャラクターで、声は増岡が1988年10月3日の第1話「アンパンマン誕生」から務めてきた。

 山寺は「増岡弘さんは演技だけでなく、そのお人柄も含めてジャムおじさんそのものです。代われる人などいません。でも30年以上、その優しさと温かさにふれてきた者の一人として、少しでも増岡さんのジャムおじさんに近づけるよう、精一杯つとめさせて頂きます」とコメント。

 同番組の高橋雄一プロデューサーは「ジャムおじさんがパンに命を吹き込むように、増岡さんには番組に、愛と勇気を吹き込んでいただいてきました。30年以上の長きに渡り、『それいけ!アンパンマン』を支えていただき、心より感謝申し上げます。収録スタジオでお会いできないのは寂しいですが、これからも増岡さんに安心して観てもらえるような番組作りをして参ります」としている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月5日のニュース