マスオ役など卒業の増岡弘がナレーション「有吉くんの正直さんぽ」フジ「現状変更の予定なし」

[ 2019年8月5日 22:10 ]

アニメ「それいけ!アンパンマン」「サザエさん」からの卒業を発表した増岡弘
Photo By 提供写真

 高齢を理由に、フジテレビ「サザエさん」(日曜後6・30)のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」(金曜前10・55、関東ローカル)のジャムおじさん役を卒業することを5日に発表した声優の増岡弘(82)がナレーションを務めるフジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」(隔週土曜正午)について、同局は「現状ナレーション変更の予定はございません」とした。

 フジは「隔週放送のナレーション出演という番組の特性も含めて、現時点でのご本人及び所属事務所の判断となります」と説明した。

 マスオ役の後任は声優の田中秀幸(68)、ジャムおじさん役の後任は声優の山寺宏一(58)が務める。

 増岡の所属事務所・俳協(東京俳優生活協同組合)の朝田孝二理事長は公式サイトで「当組合所属増岡弘でございますが、『高齢』により『サザエさん』マスオ役(約40年間出演)、『それいけ!アンパンマン』ジャムおじさん役(約30年間出演)2作品に関しましては、次の世代の方に託し、卒業させていただく運びとなりました。長い間たくさんの方々に愛されているこれらの番組に携われたことは、本人はもとより事務所としても大変光栄なことでした。本当にありがとうございました」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月5日のニュース