おぎやはぎ矢作 過去に加藤浩次から「吉本やめとけ」 若手を引き連れて行く気は「さらさらない」

[ 2019年7月24日 13:38 ]

「おぎやはぎ」矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(47)が24日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。所属事務所である吉本興業からの退社を示唆した「極楽とんぼ」加藤浩次(50)とのエピソードを語った。

 加藤とは「仲がいい」という矢作は「積年じゃないですけど、ずっとなんだから。ずっと吉本に向いてないんだから」と指摘。矢作がまだ若手で所属先に悩んでいる頃、「吉本なんかどうですか?」と加藤に質問したところ「吉本やめとけ」と対応されたことを告白。「ずっと不満があるんだから。熟年離婚みたいなもん」と表現したが、MCの坂上忍(52)は「まだ離婚は決まってない」と苦笑しながらツッコミを入れた。

 矢作はさらに「(加藤は)吉本の若手を背負って言っているみたいになってるけど、全然そんなつもりないですからね。あれはただの一人の狂犬ですから、引き連れて行こうなんて気持ちはさらさらないからね」と加藤の心境を推測。この意見に坂上も「いろんな人が“だったら僕も付いていく”みたいになるから。それは加藤君を追い込むことにもなる」と同調すると、矢作は「止めて欲しい。あの人そんなつもり絶対にないから。一人でキレてるだけなんだから」とまくし立て、スタジオを沸かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月24日のニュース