ナイツ 「怒られてしまいました」も2夜連続で時事ネタ漫才「テープを回している人は…」

[ 2019年7月24日 18:26 ]

<巨・ヤ>ナイツの二人と記念写真に収まる原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 京セラドーム大阪で24日に開催された巨人―ヤクルト16回戦で、漫才コンビ・ナイツが試合前にグラウンドで2日連続となる漫才を披露。またもや闇営業問題を連想させる「時事ネタ」で球場を笑いに包んだ。

 塙宣之は昨日の漫才がヤフーニュースで取り上げられたことに「怒られてしまいました」と釈明しながらも、「今日はテープを回している人はいませんか?」と吉本興業・岡本昭彦社長が言ったとされる「パワハラ発言」を用いて笑いに。漫才は野球の話に及び、巨人・立岡のことを流行の「タピオカ」と呼ぶボケも披露した。

 漫才の後には、共に「あんなにニュースになるとは思いませんでした」と声をそろえた。しかし直後、塙は外野席方向を向き、応援団に「お前と呼ぶのはやめてもらっていいですか?」とお願い。歌詞にある「お前」という言葉を中日球団が問題視し、応援団がチャンス時の応援曲「サウスポー」の演奏を自粛したことを連想させ、笑いに包んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年7月24日のニュース