近藤春菜 加藤の会長面談内容に困惑「会社の意思は…」

[ 2019年7月24日 08:37 ]

「ハリセンボン」近藤春菜
Photo By スポニチ

 吉本興業の一連の騒動をめぐり、「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が所属先の23日夜に大崎洋会長(65)と面談したことを受け、「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は24日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で加藤に様子をうかがった。

 番組MCの加藤は、現経営陣に対して「今の体制が変わらないなら(会社を)辞める」との旨を伝えたことを報告。「僕自身の意思は固い」ことを強調しても、大崎会長から前向きな回答は得られなかったという。これについて春菜は、不安そうな表情で「会社の意思も固かったんですか?」と問いかけた。

 加藤が「(大崎会長は)自分が会社を変える」と強調していたことを報告すると、春菜も困惑気味の表情を浮かべた。

 前日23日午前の同番組で加藤は「僕は今日夕方から大崎会長と話をする。“取締役が代わらない限り会社を辞める”と昨日(22日の番組で)言ったんで、その旨を伝えます」と発言。春菜も、相方の箕輪はるか(39)と「本当にどうしようか?ちゃんとこれからのことも話さないといけないね」と会話を交わしたことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月24日のニュース